敵を知って備えることの大切さ

10月1日から神戸ベイでもインフルエンザワクチンの接種がスタートします!事前のお問い合わせが多く、皆さんの関心の高さを窺わせます😮

先日のある新聞に、日々のコロナウイルス感染者のデータの見方についての記事がありました。現在、経済社会活動を行いながら、新型コロナの感染拡大抑止を行うために感染状況のデータを活用しています。実際、感染者数が増加してから、すぐには重症者や死亡者数は増加しません。約40日程度遅れて、死亡者数も増加します。そのことがウイルスが弱くなったのでは、日本人は重症化しにくいのではないかという考えを生み出してしまうそうです。

厚生労働省の9月16日発表の重症者割合(重症者数の入院治療等を要するものに対する割合)は、40歳代で0.8%、50歳代で1.9%、60歳代で4.1%、70歳代で6.8%、80歳以上で4.6%ですが、死亡率(死亡者数の陽性者数に対する割合)は40歳代で0.2%、50歳代で0.5%、60歳代で2.4%、70歳代で7.7%、80歳以上で17.8%となり、60歳代以上の死亡率は無視できない数字になっています。新型コロナウイルスは感染力が高く、適切な対策をしないまま人の移動が続けば、重症化しにくい若い世代がウイルスを広める可能性が高くなります。2020年7月現在、65歳以上の就業者は910万人、仮に人との接触機会が多いこの方々全員が感染してしまった場合、70万人(70歳の死亡率で計算)の命が失われることになります。

具体的な数字にすると恐ろしいですが、重症化し死亡に至るまでにはウイルス感染以外の様々な要因があります。コントロールがうまくできていない持病がある、疲労の蓄積や他の感染症による免疫力の低下…。コロナウイルスに対する特効薬がない中、インフルエンザとコロナウイルスのダブル流行が心配されます。来る冬の危機に備えできる対策をひとつづつ確実に行っていくしかない状態です。インフルエンザワクチンは、インフルエンザの発症を完全に抑えるものではありません。しかし、辻野先生のブログに書かれているようにワクチンが自然免疫を賦活化する働きもあること、みんなで感染症を防ぐ集団免疫の役割を考えると、多くの方がワクチン接種をすることは、自分自身、そして重症化リスクの高い人々にとっても、非常に意味のあることだと思います!

 

コメント

このブログの人気の投稿

訪問診療に行ってきました!

子供のワクチン接種率が低下