子供の感染症:アデノウイルス

皆さんはアデノウイルスと言う名前を聞いたことがあると思います。風邪の原因になるウイルスの一つですが、高い熱が4~5日続いたり、結膜炎や下痢など胃腸症状を認めることがあります。実は「プール熱」「はやり目」はアデノウイルスが原因の咽頭結膜炎や流行性角結膜炎のことを指しています。夏のプールで多く見られますが、勿論プールに入らなくても感染し、咳やくしゃみ、接触、便などから口、鼻、のど、眼の粘膜から体の中に侵入し悪さをします。 感染から症状が出る潜伏期間は5~7日で、症状が出る2日前から感染すると言われます。 1日の間に37℃~40℃の熱が出たり下がったりし、のども腫れて痛みがあります。目が真っ赤に充血し、目やにが出ることもあります。 うがい、手洗い、タオルなどの物の供用を避けることで感染を予防できます。 プール熱やはやり目は学校伝染病なので、一定の条件を満たさないと登園登校できません。 残念ながらアデノウイルスに効果のある薬はないので、水分や栄養、睡眠をしっかりとって病気と闘う体力を維持することが大切です。 のどを綿棒でこする簡単な検査で診断できます。 コロナウイルスの影響で、受診をためらわれる患者さんもいらっしゃいますが、心配な感染症は本当に沢山あります。 お一人で悩まれず、心配な時はクリニックにお問い合わせください!

コメント

このブログの人気の投稿

訪問診療に行ってきました!

子供のワクチン接種率が低下