小児外科の先生と連携して治療をしています!

赤ちゃんのおへその突出(おへそのヘルニア)、陰嚢の腫れ、みはりいぼ(肛門ポリープ)をお母さんが気づいた、あるいは健診で指摘されたとのご相談を受けます。子供の病気なので、もちろん当院で診察をさせていただくのですが、切ったり縫ったりなどいわゆる外科的な治療や将来的に手術になってくる可能性もあります。その場合、小児外科の先生方の専門分野になってきます。

実は小児外科の先生の治療を受けようと思うと、ほとんどが大学病院などの大きい病院に出向いていただかなくてはならず、紹介状や予約が必要で、沢山の患者さんがいる待合室で長く待たされることも・・・😟。受診するだけで一日がかりの大仕事になり、おうちに帰るとぐったりしてしまいます😡

つじのこどもくりにっく神戸ベイは同じ東灘区内にある甲南やまゆりクリニックの小児外科の先生と連携しています!ですので、外科の先生の治療が必要と判断した場合はすぐにご紹介させていただきます!甲南やまゆりクリニックは町のクリニックなので、受診までに時間を要したり、色んな病気の患者さんと待合室で一緒になることはありません。完全予約制ですので、緊急を要する場合を除きスムーズに診察を受けることができます!

残念ながらクリニック内に手術室がないので、手術が必要と判断された場合は兵庫医科大学をご紹介することになりますが、手術後の経過をクリニックで見ることも可能ですので、お子さんやご家族のご負担は大分軽くなると思います!

繰り返す嘔吐や長引く腹痛、頑固な便秘などは手術を要する病気が隠れていることもあります。心配なことがあれば、まずは当院にご相談ください!

 

コメント

このブログの人気の投稿

訪問診療に行ってきました!

子供のワクチン接種率が低下