生ワクチンと不活化ワクチンの接種間隔が変わりました!

今月から異なるワクチン同士の接種間隔が変わったのですが、ご存じですか? 今までは生ワクチンから次のワクチンまで4週間、不活化ワクチンから次のワクチンまで1週間、間隔を空けないと次のワクチンを接種することができませんでした。それが、2020年10月から、生ワクチンの注射と生ワクチンの注射の間を27日以上の間隔を置くこと以外、制限がなくなりました。文章だけだと理解しにくいので、厚生労働省のポスターを見ていただくと分かりやすいかもしれません。(参考URL:https://www.mhlw.go.jp/content/000674887.pdf

ただ、これは異なる種類のワクチンについての変更で、同じワクチンの接種間隔は従来通りです💦なんだか混乱してしまいますね…😮。

今月からインフルエンワクチンがスタートし、打ち忘れていた予防接種を受けに来る患者さんもいらっしゃいます。どのワクチンを受けたら良いかわからない、今受けても大丈夫?などなど、ご質問があればスタッフがご対応いたします!お気軽にお問い合わせください☆

コメント

このブログの人気の投稿

訪問診療に行ってきました!

子供のワクチン接種率が低下